top of page
森の木々

感謝とは何か
 感謝​の典型、周辺、そして意義 
   

(内藤俊史・鷲巣奈保子、2020.8.4  最終更新日 2023.12.21)

サイトメニュー 
アンカー 3

感謝の典型―定義にかえて

 どの言葉でも、いざ定義をするとなると、簡単ではありません。「感謝」も同じです。しかし、このサイトで感謝について考えていくに当たって、感謝の意味の相違による混乱を避ける必要があります。

   そこで、初めに、感謝の典型(中心的な例、プロトタイプ prototype) を考えたいと思います。それは、「感謝」という言葉を聞いて最初に思い浮かべるイメージといってもよいかもしれません。

感謝の典型 (プロトタイプ)

「他者による善意にもとづく自発的な行為によって、自分に利益や幸福が生じたときに経験する、その人に対する親しみや敬意の感情」 

    なお、この「感謝の典型」は、最近の心理学の動向に従って、感謝におけるポジティブな感情に焦点を当てています。つまり、他の人から恩恵を受けたときに同時に経験することの多い「負債感 (借りを作った感じ)」や「すまない」という感情注1は、この「感謝の典型」には含まれていません  (それらの感情があってこその感謝だという人も少なからずいると思いますが)。とはいえ、ここであげた「感謝の典型」は、ある程度の人々にとって、感謝という概念の中心に位置するのではないかと思います。

 しかし、それは感謝の典型であるとしても、感謝はその周辺に無視できない重要な領域を携えています。

  

「感謝」の意味の広がり1-意志をもたないものへの感謝

 前に示した感謝の典型には、「善意にもとづく自発的な行為によって」という条件が含まれています。しかし、この条件を充たすことのない周辺領域の感謝もあります。

 例えば、多くの人々は、私たちの食を支えている米や野菜を育ててくれる自然に感謝をします。しかし、日常の会話のなかで、自然が意志や感情をもつかのごとく語られることがよくあるものの、「公式にいえば」、自然は意志をもつとはみなされません。

 つまり、私たちにとって大切な「自然への感謝」には、「善意にもとづく自発的な行為」という条件は当てはまりそうもありません。 

 そこで、前に述べた「感謝の典型」を典型として認めつつ、次にあげるような、さらに広い範囲の「感謝」に光を当てる必要があります。

「自分の幸福や利益が、生物、非生物に関わらず他に起因するときに感じる、それらに対する敬意や親しみの感情」  

 なお、次の2点を補足します。

 第一に、典型的な感謝の場合、自分の幸福や利益を認識し、さらにそれらをもたらしてくれた他者を認識したときに、感謝の気持ちが生まれることになっています。しかし、幸福の内容と感謝の対象とが明確に区別できない場合もあります。例えば、「豊かな時代に生まれてきたことに感謝している」という言葉を何度か聞いたことがありますが、幸福の誰に(何に)感謝をしているのかはっきりしません。

 このような言葉は、自分以外の何ものかによって幸福がもたらされたことを知り、感謝の気持ちをもちつつも、感謝の対象を特定できない場合における、いわば省略的な感謝の表現とみなすことができるかと思います。 

 感謝は、幸福をもたらした「自分以外の何ものか」への感情であるということは確かですが、このように感謝の対象が特定できない場合もあります。このサイトでは、それらを無視することなく探究を進めていきたいと思います。

 ただし、感謝という感情が、単に「嬉しい」とか「喜び」という感情と混同されることのないように注意を払う必要があります。感謝の気持ちは、それらの感情と、いくつかの重要な点で異なります。

  第二に、恩恵を与えてくれた事物の意志の必要性に関しては、次のような反論もあることを付け加えておきます―「幸福をもたらすものとして、自然に対して感謝をするとき、私たちは自然を擬人化してとらえ、自然の「善意」を想定しているのである。したがって、「善意による自発的な行為」という条件は捨てる必要はない。」

 

「感謝」の意味の広がり2-負債感とすまなさ

 「感謝」を感じる場面では、同時に別の感情を感じることがあります。その主たるものとして、心理的負債感やすまないという感情をあげることができるでしょう。一般的に言えば、「心理的負債感」は、お返しをしなければならないという義務感、そして「すまない」という感情は、期待される役割を果たさなかったときなどに生じる、他者への迷惑に対する自責の感情と言えるでしょう。

 これらの感情を、初めから「感謝」や「感謝の心」に含めるべきだという立場も考えられますが、このサイトでは、それらは感謝に関係の深い別の感情として扱います。しかし、これらの感情が感謝と同時に生じることは多く、感謝について探究する上で、それらを含めることは不可欠です。

参考

  実例という訳ではありませんが、「すみません」という言葉を頻繁に使い、感謝の場面でも「すみません」という言葉を使う人をとりあげたCMです。

 東京ガス CM 家族の絆 「くちぐせ」篇 2017/01/10 アクセス)

  注意 音声が出ます。

感謝の意味の広がり3 心と

 これまで、「感謝」を、感謝の気持ちや感謝感情のような「心」を想定して話を進めてきました。しかし、あらためて考えてみると、感謝は、心だけの現象ではなく、行為を含む広い現象なのではないかと思います。実際、辞書には、次のように書かれています。

「感謝」

 ありがたく感じて謝意を表すること。「―のしるし」「心から―する」(『広辞苑』第6版 岩波書店、2008 年) 。

 

 「ありがたく感じて」までは心の姿ですが、「謝意を表する」は行為です。

   そこで、このサイトでは、「感謝」を「感謝の心」と「感謝の行動 (感謝を表す行為)」を含むものとします。もちろん、感謝の心と感謝の行動は、いつも一致する訳ではありません。感謝の気持ち(心)があっても、それを行動として表わすことができなかったという経験は、多くの人がもっていると思います。また、感謝の気持ちをもつことと、感謝を表わすこととは、それぞれ別の意義をもつ可能性もあります。

 このサイトでは、感謝の心と感謝の行動とを分ける必要があるときには、分けて記述します。

 また、「感謝の行動」と似た概念として、「感謝の心によって生じた行動」という概念、言葉があります。それは、感謝を表わす行動だけではなく、感謝の心が原因となって生まれたさまざまな行動を意味します

 

 感謝の核にあるもの―向き合った上での敬意

    感謝の典型をもとに、感謝の意味について考えてきました。ここでは、単に感謝の意味というよりも、感謝のもつ重要な性質、あるいは感謝の核心について考えます。

 感謝を表すときによく用いられる「ありがとう」という言葉は、「有り難し」(=まれである、貴重である)に由来するといわれています。感謝には、ものごとを当たり前とする日常性を超えて、「普通ではない」「貴重である」「尊重すべきである」という感覚が根底に含まれます。

 このことを踏まえた上で、さらに、感謝の性質を考えてみましょう。

 感謝には、自分の幸福が「他」つまり他の人、事物、事柄によってもたらされたという、いわば「おかげで」という言葉で表される認識が含まれます。そして、先に述べたように、それらが貴重なことであるという認識と、相手に対する敬意が含まれます。それは、少し比喩的な言い方をすれば、相手を、一人の人間一つの人格として向き合い、敬意をもつことといってもよいでしょう。

 この感謝の性質は、次のような機会に垣間見ることができます。

  ・子どもたちに対する「ありがとう」という言葉は、「よくできました」という誉め言葉とは別の意味をもちます。子どもたちに、一人の人間としての敬意を伝えることになるからです。

 ・激しい敵対関係の結果、不幸にも相手に敬意のひとかけらも感じられなくなってしまった場合を想像してみましょう。そのようなとき、その相手から何らかの援助を受けたとしても、感謝の気持をもつには時間がかかるでしょう。それは、感謝のなかに「敬意」が含まれているからです。むしろそのような相手から助けられたことに屈辱さえ感じるかもしれません。しかし、もし感謝の気持ちを感じたとき、関係は変わりつつあります。 

 ・ごく親しい人に、あらたまってお礼や感謝をしたとき、その人は困惑し「みずくさい」という言葉を返すことがあります。その言葉の一つの説明は、感謝が、一つの人格としていったん自分から切り離された相手に対する感情だからだというものです。つまり、感謝には、相手と自分とをそれぞれ独立した人格として、切り離して認識することがともなうからです。蛇足ですが、このような点を考えると、育ててくれた人々からの巣立ちとしての結婚式や卒業式など、感謝は別れのときがよく似合います。

謝の心の意義  

 感謝の心の意義や大切さはいろいろな分野で述べられています。学校教育における道徳教育では、感謝は道徳の内容項目として学習指導要領に含まれています(例えば小学校について、文部科学省、2017、 p.42)。また、書店では「自己啓発」の棚に感謝に関わる書籍を見つけることもあるでしょう。しかし、感謝の大切さは、多くの人々によって唱えられてはいるものの、それがどのような意味において大切なのかというと、必ずしも一致している訳ではなさそうです。

 そこで、いくつか考えられる感謝の意義を、「感謝がもたらすもの」「感謝自体」「感謝をもたらすもの」という三つの観点から整理をしたいと思います(Naito  & Washizu, 2021より)。 

A.  感謝がもたらすものに注目⇒「感謝の心は、自分や他者に利益や幸福をもたらす故に大切である」  

 感謝は、結果として自分自身や周囲の人々に幸福をもたらすことがあります。それは、感謝のもつ重要な意義の一つです。このサイトの「感謝の力」というページで述べられている「感謝は力をもつ」という立場は、感謝がもたらすものに注目した立場の一つです。

B. 感謝自体に注目⇒「感謝の心は、それ自体で、道徳的な意義をもつ」

 感謝は、幸福を導くから大切なのではなく、それそのものが意義をもつという考えです。人は、他の人々との関係の下に生きていますが、お互いに人格を認め合うことは、人間としての関係を成り立たせる道徳的な基礎です。他者からの恩恵に対して感謝をすることは、他者の人格を認めることであり、人間の相互的な行為における大切な基礎であるという考えです。

  なお、相手の人格を認めるということは、その人の意見の正しさを認めることと同じではありません。 

C.  感謝をもたらすものに注目⇒「感謝は、その人の心を映し出す鏡として意義をもつ」  

 感謝は、感謝をする人の心のあり方の表れでもあります。家族に対して不満ばかり話していた青年が、家族に対する感謝の気持ちを表わすようになったとき、重要なことは、感謝をするようになったこと以上に、なぜその青年が感謝をするようになったかということでしょう。感謝のもととなった心の変化は、その青年の重要な心の変化であることがあります。感謝は、複雑な心の姿を映しだす鏡として重要な意義をもちます。

 また、感謝しつつ人生の最期をむかえたいという言葉を、人間の生き方をテーマとする書物のなかに見出すことががあります。

 例えば、次のような言葉があります。

「最期に、自分が受けたすべてのものに感謝して、「ありがとう」と言って死んでいける生き方、死に方がしたい」(日野原、2006、 p.16)。

 この場合も、感謝は、心のあり方を映し出すものとして位置づけられています。

 それでは、そのときに感謝をもたらす生き方とはどのような生き方なのでしょうか。それは、感謝の意義を探求するときの究極の問いと言えるでしょう。

 

文献​

  • 日野原重明 (2006). 有限の命を生きる. 週刊四国遍路の旅編集部『人生へんろ-「いま」を生きる30の知恵』、講談社.

  • 文部科学省(2017).『小学校学習指導要領解説 特別の教科道徳編 』(平成29年)、 downloaded 2022.8.17.    

  • Naito, T., Washizu, N. (2021). Gratitude in Education: Three perspectives on the educational significance of gratitude. Academia Letters, Article 4376. https://doi.org/10.20935/AL4376.

 

                       

アンカー 2
アンカー 11
アンカー 1

​  注1

  • 負債感: 他者にお返しをする義務がある状態で生じる、返報の義務感を伴うネガティブな感情 (Greenberg, 1980). このHPでは「心理的負債感」という語も用いますが、特に断らない限り両者を区別をしていません。 

  • ​すまないという感情: 相手に迷惑を与えたことに対して感じるネガティブな感情。相手のもつ期待にそぐわなかったことに対する感情等が含まれます。

  • ​​文献

Greenberg, M. S. (1980). A theory of indebtedness. In K. J. Gergen, M. S. Greenberg, & R. H. Willis (Eds.), Social exchange: Advances in theory and  research. (pp.3-26). New York: Plenum Press.

12
アンカー 13
アンカー 14
アンカー 15
アンカー 4
アンカー 31

補足・参考資料 

  次にあげるのは、それぞれ3,000字以上の​私たちのレポート(PDF文書)です。感謝の定義に関する21世紀初めの心理学の状況と​社会言語学の研究成果を紹介しています。 

   

1.感謝の 定義をめぐって 

 哲学や心理学における感謝の定義について説明しています。

2. 感謝の言葉をめぐって 

 代表的な感謝の言葉である「ありがとう」と「すみません」の使用に関する研究結果をまとめています。

セクション本文わり

アンカー 32
bottom of page